ブログ

君津校本部公務員への転職は本当に可能なのか?

kamiko公務員試験対策講座の講師、竹澤です。

「公務員」には様々な種類があり、国家職から地方自治体や市役所、警察官、消防官、自衛隊など役割も業務も色々です。

kamikoでは10年以上前から公務員の試験対策を行っており、上記の職種に多種多様な方々を合格に導いて来ました。

さて、最近では各地域で「中途採用」を積極的に行っています。

でも、
・特殊な能力や凄い実績を挙げた経験をもつ一部の人の為の制度じゃないの?
・自分なんかの「経歴」で中途採用の試験に合格する事が出来るの?
・公務員試験って範囲も広いし凄く難易度が高いんじゃないの?
・採用人数も少ないし、会社を辞めて受験勉強しないと駄目でしょ?
と云う疑問がきっと浮かんでくるかと思います。

結論から言えば、
現在の公務員試験は民間企業の就職活動と比べてはるかに公平な採用システムであり、また、公務員になりたい人にとって受験し易い制度
です。

民間企業等で勤務した年数(5年以上勤務を要件としている自治体が大半)が要件とされることがあったり、幾つかの「受験要件」が課されていますが、標準的な会社員の方であれば容易に満たす要件のみです。

また、大卒一般枠の様に専門試験を課す自治体は少なく、教養試験のみで受験可能な自治体が大半ということも大きな特徴です(論文や面接は別途課されます)。

従って筆記試験対策の負担も軽く、働きながら無理なく受験勉強を続けられます。

仕事を辞めるというリスクを負う必要がない
というのは、社会人の方にとって大きなメリットと言えるでしょう。

更に、ここ数年の特徴として社会人経験者採用枠を設ける自治体が増加しています。

全国で約200の市役所が民間からの転職枠である社会人経験者採用を実施するに至っています。

もし公務員へ転職し、安定と社会的地位、そしてやりがいを同時に手に入れたいとお考えでしたら、一度お問い合わせ下さい。

知りたい事、疑問・・・色々とあると思います。
役所に直接は聞きにくい事、役所としては答えにくい事・・・そんな事も全部、私達がお答えします!!