ブログ

神子学院本部目指せ!!公務員!?

現在受験生は受験真っ只中です。

既に試験が終了し合格を発表している私立大学もあり、
「合格しました!」
という嬉しい報告も沢山届いています。

残りの私立大学、国公立大学の受験も気を抜かずに最後まで全力を尽くして下さい。

高1生・高2生の皆さんも今の学年でいるのはあと約1カ月程度です。
次の学年に上がるまでに少しでも成長できるように努力を続けましょう!

さて、最近は公務員の不祥事などがたくさん報道されていて、良くないイメージもありますが、やはり就職先として公務員は根強い人気があります。

神子学院の生徒さんで公務員に就職する人もたくさんいます。

公務員試験では高卒程度(初級試験)でもそれ以外でも凡そ一次試験・二次試験に分かれ、試験内容は職種で異なります。

教養試験と作文試験、面接試験は全ての職種で行われ、この他に事務系では適性試験、技術系は専門試験が行われます。

試験の難易度は、高卒程度対象の場合、最も難しいのは国家公務員、次いで政令指定都市(千葉市)の地方公務員、一般の地方公務員、警察や消防、自衛隊と言われています。

公務員での就職を意識している人は、参考にして頂ければ幸いです。

また、全ての職種で受験が必要な、一般的な筆記試験である「教養試験」についてですが(教養試験は受ける職種や自治体によって異なりますが)、5肢択一の問題を、40~50問、90~120分で行います。

出題分野は「社会」、「国語・英語」、「理科」、「数的処理」、「判断処理」の5つに分かれています。

このうち前者の「社会」、「国語・英語」、「理科」の3つの出題内容は学校で勉強することと重なるので、まずは学校で教わることをしっかりと身につけることが大切ですが(もちろん、実際に受験する時は公務員試験専用の対策が必要です)、「数的処理」と「判断推理」は別です。

学校で習う勉強と異なるので、考え方と手順がわからずに挫折する人が多くいます。

神子学院では、これらの分野の対策にも力を入れていますので、公務員試験を考えている人は、受講を検討してみてはいかがでしょうか?